ディズニーランドに安く行く方法!

★金券ショップやネットオークションにはご注意を!!

2013年より、ディズニーランドの入場手続きがかわりました。
従来は、使用済みチケットには穴が開けられていましたが、新しいシステムになってからはバーコードの読み取りになったので、使用済みかそうでないかは見分けがつかなくなりました。
そのため、使用済みのものが出回ってしまっている可能性があるため、一般の金券ショップの多くは取引を中止しました。もしオークションや金券ショップで買われる方はご注意を。

 

各種パスポート割引

“県民パスポート(地域限定パスポート)”

都道府県別に設定されている割引パスポート。金額にして大体1000円程度の割引がされる。
基本的に県民の日の近くに設定されていることが多い。

 

“首都圏ウィークデースペシャルパスポート”

首都圏(8都県)に在住・在勤・在学する人が対象
期間日(2013年は4月3日~7月12日)の平日に入園できる

【大人】 18才以上5,500円(通常6,200円)
【中人】 中学・高校生4,900円(通常5,300円)
【小人】 幼児・小学生3,800円(通常4,100円)

 

“キャンパスデーパスポート(学生限定)”

学生を対象にした割引パスポート
2014年1月6日(金)~2014年3月14日(金)

【大学・大学院・短大・専門学校生】 5,200円(通常価格6,200円)
【中学・高校生】 4,600円(通常価格5,300円)

 

“スポンサーパスポート”

有名なのが第一生命の生命保険に加入する方法。
一般のスポンサー向けパスポートはそのスポンサー企業に働いている従業員しかかえませんが、第一生命に加入している場合、加入してるお客さんが購入できます。

【大人】 18才以上4410円(通常6200円)
【中人】 中学・高校生4080円(通常5300円)
【小人】 幼児・小学生3150円(通常4100円)

このパスポートのいいところは、TDLでもTDSでも好きな方へ入れ、さらに、購入窓口に並ばず、混雑時の入場制限があってもはいれることです。

 

“コーポレーションデーパスポート”

生協会員を対象に販売されている割引パスポート。
割引価格はだいたい1000円程度
販売期間は不定期で、パスポートの販売が告知されるのは2,3週間程度前のことが多い。

 

“株主優待パスポート”

いわずとしれた株主優待のパスポート。
オリエンタルランドの株を持っている方対象に、100株ごとに一枚無料パスポートが送られてきます。

 

夜間限定パスポート

“アフター6パスポート”

平日の18時から入園できるパスポートで、料金は一律3300円
デートなどで、夜の園内の雰囲気を楽しみたいとか、ショーだけを見たいという方にはお勧め。

 

“スターライトパスポート”

土、日、祝日の午後3時から入場できるパスポート

【大人】 18才以上 4900円
【中人】 中学・高校生4300円
【小人】 幼児・小学生3400円

アフター6パスポートに比べ料金もそれほど安くなるわけではないので、正直、使いどころが難しいパスポート。通常の一日パスポートを買ったほうがお得かも。

 

“夏5パスポート”

アフター6パスポートの夏限定版。料金も同じく3300円。
通常のアフター6パスポートが午後6時からなのに対し、こちらは午後5時から入園できる。
期間日(2013年は7月8日~8月31日)

 

年齢限定割引 ”45PLUS パスポート”

45歳以上の人を対象にしたパスポート。
料金は平日限定で5500円。
意外と知られていない割引なので、家族で行く人にはお勧めかも。

 

“シニアパスポート”

45歳以上の人を対象にしたパスポート。
土日祝日の入場も可能で、料金は5500円。

 

“ハピネス マルチデーパスポート”

60歳以上を対象にしたマルチデーパスポート。
期間日(2013年4月15日~2014年3月20日)

ハピネス2デーパスポート 10,000円
ハピネス3デーマジックパスポート 13,000円
ハピネス4デーマジックパスポート 15,000円

 

関係者・企業向けパスポート

“オフィシャルスポンサー向けパスポート”

第一生命が保険加入者であれば変えたのに対して、こちらは、スポンサー企業の従業員限定のみ買うことができます。
割引価格や優待条件は、第一生命で買うものと同じです。

スポンサー一覧はこちら

 

“マジックキングダムクラブパスポート”

スポンサー企業とは別に、一般の大企業などが福利厚生の一環として加入している場合、そこの従業員が購入することができる割引パスポート。

【大人】 18才以上 5800円
【中人】 中学・高校生4900円
【小人】 幼児・小学生3900円

 

その他おすすめチケット

“ディズニーeチケット”

インターネットで事前に料金を決済し、印刷したチケットで入場できるパスポート。
園内の窓口で並ぶ必要がないので、スムーズに入園でき、利用する人が増えています。
ただし、ネットで印刷するのでデザインは選べるものの、思い出チケットとしては残りにくいかも。(最近はデザインも増えているようです)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)