ディズニーランド&ディズニーシー格安チケット購入

★金券ショップやネットオークションにはご注意を!!

2013年より、ディズニーランドの入場手続きがかわりました。
従来は、使用済みチケットには穴が開けられていましたが、新しいシステムになってからはバーコードの読み取りになったので、使用済みかそうでないかは見分けがつかなくなりました。
そのため、使用済みのものが出回ってしまっている可能性があるため、一般の金券ショップの多くは取引を中止しました。もしオークションや金券ショップで買われる方はご注意を。

 

各種パスポート割引

“県民パスポート(地域限定パスポート)”

都道府県別に設定されている割引パスポート。金額にして大体1000円程度の割引がされる。
基本的に県民の日の近くに設定されていることが多い。

 

“首都圏ウィークデースペシャルパスポート”

首都圏(8都県)に在住・在勤・在学する人が対象
期間日(2013年は4月3日~7月12日)の平日に入園できる

【大人】 18才以上5,500円(通常6,200円)
【中人】 中学・高校生4,900円(通常5,300円)
【小人】 幼児・小学生3,800円(通常4,100円)

 

“キャンパスデーパスポート(学生限定)”

学生を対象にした割引パスポート
2014年1月6日(金)~2014年3月14日(金)

【大学・大学院・短大・専門学校生】 5,200円(通常価格6,200円)
【中学・高校生】 4,600円(通常価格5,300円)

 

“スポンサーパスポート”

有名なのが第一生命の生命保険に加入する方法。
一般のスポンサー向けパスポートはそのスポンサー企業に働いている従業員しかかえませんが、第一生命に加入している場合、加入してるお客さんが購入できます。

【大人】 18才以上4410円(通常6200円)
【中人】 中学・高校生4080円(通常5300円)
【小人】 幼児・小学生3150円(通常4100円)

このパスポートのいいところは、TDLでもTDSでも好きな方へ入れ、さらに、購入窓口に並ばず、混雑時の入場制限があってもはいれることです。

 

“コーポレーションデーパスポート”

生協会員を対象に販売されている割引パスポート。
割引価格はだいたい1000円程度
販売期間は不定期で、パスポートの販売が告知されるのは2,3週間程度前のことが多い。

 

“株主優待パスポート”

いわずとしれた株主優待のパスポート。
オリエンタルランドの株を持っている方対象に、100株ごとに一枚無料パスポートが送られてきます。

 

夜間限定パスポート

“アフター6パスポート”

平日の18時から入園できるパスポートで、料金は一律3300円
デートなどで、夜の園内の雰囲気を楽しみたいとか、ショーだけを見たいという方にはお勧め。

 

“スターライトパスポート”

土、日、祝日の午後3時から入場できるパスポート

【大人】 18才以上 4900円
【中人】 中学・高校生4300円
【小人】 幼児・小学生3400円

アフター6パスポートに比べ料金もそれほど安くなるわけではないので、正直、使いどころが難しいパスポート。通常の一日パスポートを買ったほうがお得かも。

 

“夏5パスポート”

アフター6パスポートの夏限定版。料金も同じく3300円。
通常のアフター6パスポートが午後6時からなのに対し、こちらは午後5時から入園できる。
期間日(2013年は7月8日~8月31日)

 

年齢限定割引 ”45PLUS パスポート”

45歳以上の人を対象にしたパスポート。
料金は平日限定で5500円。
意外と知られていない割引なので、家族で行く人にはお勧めかも。

 

“シニアパスポート”

45歳以上の人を対象にしたパスポート。
土日祝日の入場も可能で、料金は5500円。

 

“ハピネス マルチデーパスポート”

60歳以上を対象にしたマルチデーパスポート。
期間日(2013年4月15日~2014年3月20日)

ハピネス2デーパスポート 10,000円
ハピネス3デーマジックパスポート 13,000円
ハピネス4デーマジックパスポート 15,000円

 

関係者・企業向けパスポート

“オフィシャルスポンサー向けパスポート”

第一生命が保険加入者であれば変えたのに対して、こちらは、スポンサー企業の従業員限定のみ買うことができます。
割引価格や優待条件は、第一生命で買うものと同じです。

スポンサー一覧はこちら

 

“マジックキングダムクラブパスポート”

スポンサー企業とは別に、一般の大企業などが福利厚生の一環として加入している場合、そこの従業員が購入することができる割引パスポート。

【大人】 18才以上 5800円
【中人】 中学・高校生4900円
【小人】 幼児・小学生3900円

 

その他おすすめチケット

“ディズニーeチケット”

インターネットで事前に料金を決済し、印刷したチケットで入場できるパスポート。
園内の窓口で並ぶ必要がないので、スムーズに入園でき、利用する人が増えています。
ただし、ネットで印刷するのでデザインは選べるものの、思い出チケットとしては残りにくいかも。(最近はデザインも増えているようです)

学生割引 キャンパスデーパスポート

東京ディズニーリゾートのワンデーパスポートは年齢に応じて料金が区分されています。

しかし、一年間のうち特定の時期に「キャンパスデーパスポート」という学生割引が適用されたパスポートが販売されます。

コンビニでも当日引き換えの必要なく入園することができるキャンパスデーパスポートを購入することができます。
もちろん、当日パークのチケットブースでも購入できます。

キャンパスデーパスポート値上げ!

そんな学生の味方であるキャンパスデーパスポートの次回販売の内容が株式会社オリエンタルランドよりリリーズされました。

対象期間:2015年1月6日(火)~3月20日(金)
※入園制限時にはご利用になれない場合があります
対象者:国内外の大学(大学院)、短大、各種専門学校、高等学校、中学校の生徒
※ご購入時に、入園されるご本人の学生証を提示ください
※ご入園時は、入園されるご本人の学生証を提示して頂く場合があります
料金:大学生・大学院生・短大生・専門学生(18歳以上)5,800円
中学生、高校生(12歳~17歳)4,900円
(通常料金:1デーパスポート 大人6,400円、中人 5,500円)
販売場所:東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーのチケット販売窓口、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーe チケット)、主な旅行会社、JRの主要駅(舞浜駅を除く)、コンビニエンスストア、ディズニーストア(一部店舗を除く)ほか
販売期間:2014年11月6日(木)~2015年3月19日(木)
※販売場所によって販売期間が異なる場合があります。

 

有効日は2015年1月6日から3月20日の約3ヶ月間、昨年までと同様、コンビニをはじめディズニーストアやパーク窓口でも販売されます。

そしてなんといっても注目すべきがその値段、18歳以上(大人)で5800円、12〜17歳(中人)で4900円です。
これは前回このパスポートが販売された際の値段から大幅に値上げされています。
前回販売されたのが今年の1月6日から3月14日で価格は大人5200円、中人4600円でした。
単に価格だけ見ると大人で600円、中人では300円の値上げとなります。

実はこのキャンパスデーパスポートは毎回徐々に値上げをしています。
ここで、近年のキャンパスデーパスポートの価格と通常のワンデーパスポートの価格を比較してみました。
下段()内が当時のワンデーパスの価格です。

 

大人 中人 有効期間
2015 5800円
(6400円)
4900円
(5500円)
1/6〜3/20
2014 5200円
(6200円)
4600円
(5300円)
1/6〜3/14
2013 4900円
(6200円)
4300円
(5300円)
1/4〜3/15
2012 4900円
(6200円)
4300円
(5300円)
9/1〜9/30
2011 4500円
(5800円)
4000円
(5000円)
1/4〜3/18
 

価格だけ見るとこの5年間でかなり値上げが実施されたことがわかります。
ワンデーパスポートの価格もじわじわと値上げされていますが、その差額にご注目ください。
以前は大人、中人ともに以前は1000円以上値引きがあったのですが、2015年に至っては大人、中人ともに600円の値引きとなりました。
学生にとっては相当な痛手となるのではないでしょうか・・・
以前まではキャンパスデーパスポートというと学生のための相当お得なパスポートという認識があったのですが、2015年以降はその概念が崩れていくようです。

また2015年に関してはアナとエルサのフローズンファンタジーが開催され、入園者数増が見込まれます。
その開催期間をバッチリカバーしつつ、増収を狙った策がこのキャンパスデーパスの大幅値上げといったところでしょう(笑)

 

実はキャンパスデーよりも安く買える方法がある!

 

実はキャンパスデーパスよりも安く買える方法が存在します。
それが「ファンダフル・ディズニメンバー限定パスポート」です。
東京ディズニーリゾート公式ファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」加入者なら回数制限こそありますが、割引され

 

 

 

たパスポートを購入することができます。

2014年4月1日(火)から2015年3月31日(火)の期間中3回(メンバーご本人様1回につき6枚まで)、特別価格で1デーパスポート(当日券)をご購入いただけます。

ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポート
■対象期間:2014年4月1日(火)~2015年3月31日(火)
■料金:大人(18歳以上)5,700円(通常料金6,400円)
中人(12~17歳)5,000円(通常料金5,500円)
小人(4~11歳)3,900円(通常料金4,200円)
■販売場所:東京ディズニーランド/メインエントランス・インフォメーション&チケットブース
東京ディズニーシー/チケットブース(ノース、サウス)
※本パスポートの前売り販売は行っておりません。

 

このように18歳以上の大学生などはキャンパスデーパスポートの5800円よりも100円安く5700円で購入することができます。
しかしながら中人価格はキャンパスデーパスのほうが100円安くなっています(^_^;)
なんともよくわからない料金設定です・・・
アナとエルサのフローズンファンタジー開催期間もカバーしているうえ、2015年3月31日までならいつでも、購入できます。
ただ、購入上限回数が3回ですので計画的に!

 

ファンダフル・ディズニーメンバー限定パスポート
 

 

 

 

 

 

 

しかし、ファンダフルディズニーは入会費こそ無料ですが、3240円の年会費がかかります。
クラブ会員の特典はパスポートの割引だけでなく、季節ごとの会員報やオリジナルグッズの配布など様々あるので、決して高い年会費ではありません。
僕をはじめ、年パスを持っている方はワンデーパスを買う機会がほとんどありませんが、これらの特典目当てに入会している方も多いのではないでしょうか?
またこの限定パスポートは1度で6枚まで購入することができるので、家族や友達といった時にみんなの分をこのパスポートにすれば相当な値引きになり、年会費分を回収することなんて容易いですよね・・・?
もちろん、学生である必要もありません。
大人6人でパークへ行った際全員分をこのパスポートにすれば合計4200円お得!
この時点で年会費回収です(笑)

先日5月29日からは新しいナイトエンターテイメント

「ワンス・アポン・ア・タイム」がスタートして話題の東京ディズニーランドと、

大人っぽい雰囲気が魅力の東京ディズニーシー。

 

東京近郊のレジャースポットとして人気の2つのテーマパークですが、

どちらも入場チケットが通常価格で大人6,400円と、

ちょっとお高めなのが気になるところではないでしょうか?

 

東京ディズニーリゾートには行きたいけれど、

お財布事情が…とお悩みの方にぴったりの、

少しでも安く入場チケットを入手する方法をチェックしてみましたので、

以下にご紹介します!

 

チケットにはどんな種類があるの?

それでは、まずはじめに、

通常販売されているチケットの種類と金額をチェックしましょう。

(料金の年齢区分=大人18歳以上、中人12~17歳、小人4~11歳)

これが基本!1デーパスポート

 

★1デーパスポート

大人6,400円(60歳以上は5,700円)/中人5,500円/小人4,200円

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらかのパークを1つ選んで、

曜日に関係なく、入園から閉園時間まで遊べるチケットです。

 

(ちなみに、ディズニーでは入場チケットを「パスポート」と呼びます。)

夕方・夜から入園する人向けのチケット

朝の入園開始時間からは行けないけど、

夕方のパレードを見たい!という人にオススメなのが、

次の【夕方もしくは夜から閉園時間まで遊べるチケット】です↓

★スターライトパスポート ※土日祝の午後3時から閉園時間まで

大人5,000円/中人4,400円/小人3,500円

★アフター6パスポート ※平日の午後6時から閉園時間まで遊べるチケット

アフター6パスポート 大人3,400円/中人3,400円/小人3,400円

アフター6パスポートは、

大人3,400円で東京ディズニーランドで遊べるチケットです。

 

平日の午後6時から閉園時間までという時間制限はありますが、

アトラクションはもちろん、夜のエンターテイメントショー・パレードや

花火が楽しめるので人気です。

 

近くに住んでいる人なら、大学の講義やアルバイトが終わってから

入園することも可能ですよね♪

 

さらに嬉しいことに、夏限定(2014年7月8日~8月29日)で、

午後5時から入場できるチケットが発売されます。↓↓

★夏5(なつご)ウィークデーパスポート ※平日の午後5時から入場可能

大人3,900円/中人3,900円/小人3,900円

※2014年7月8日~8月29日のみ販売。

※この期間アフター6パスポートの販売はありません。

 

アフター6パスポートよりも500円高くなりますが、

夕方5時から入場できるので、その分ゆっくりパークで遊べますね♪

東京ディズニーリゾートのチケットを格安で手に入れる方法

「夕方からのチケットは安いけれど、

入場可能な時間が制限されているのは勿体ない、

もっと目一杯パークで思う存分遊びたい!」という方は、

続いてご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

25名以上で利用可能!団体チケット

★団体チケット

団体パスポート 大人5,800円/中人4,900円/小人3,900円

サークル仲間や友だち同士など、

大勢の仲間が集まる際に利用したいのが、団体パスポートです。

期間・対象限定の割引パスポート

不定期ではありますが、

「県民の日パスポート」、「首都圏ウィークデースペシャルパスポート」など、

発売期間や地域、年齢などが限定された割引パスポートが発売されることがあります。

現在、ディズニー公式ページ上で発表されているのは、

首都圏在住者限定のパスポートで、2014年4月7日~7月7日の平日限定で利用できます↓

 

★首都圏ウィークデースペシャルパスポート

大人6,400円→5,700円/中人5,500円→5,000円/小人4,200円→3,900円

通常の6,400円よりも700円お得なチケットなので、

購入対象となっている方は、ぜひ利用してみてください。

購入の対象者や入手方法については、コチラをご確認ください。

そのほか、

 

★首都圏の都民・県民の日の前後期間に使用できるチケットが

JRの窓口やコンビニで販売されることもあります。

首都圏以外にお住まいの方でも、首都圏に知り合いや親族がいる場合には、

代わりに買ってもらうのもよいかもしれませんね。

マジックキングダムクラブを利用する

家族の会社が福利厚生で「マジックキングダムクラブ」に入っていれば、

東京ディズニーリゾートのパスポートが優待価格で購入できます。

 

割引価格は500~3,000円と幅があるので、まずは福利厚生の詳細を確認してください。

ファンダフル・ディズニーに加入する

東京ディズニーリゾート・パークファンクラブ

「ファンダフル・ディズニー」に加入(年会費3,240円)すると、

最大700円の割引でパスポートを購入できる特典がついてきます。

 

購入可能回数や枚数に限りがありますが、

年に複数回行く人は加入してもよいかもしれません。

金券ショップやオークションで購入する

さぞや安く購入できるだろうと思いきや、

金券ショップでは、現在東京ディズニーリゾートの

パスポートの販売を中止しているところがほとんどです。

 

その理由は、昨年2013年より、入園時にチケットに穴を開ける手法から

バーコード読み取り式にシステムが切り替えられたことで、

金券ショップがチケットの使用・未使用を判断できなくなってしまったためです。

ネットオークションでは未だにチケットの出品がありますが、

見ただけでは、使用・未使用を判断がつかないので、

よほど信頼できる相手でないと、リスクがあってあまりオススメできません。

株主優待でチケットをもらう豊富な資金と気長さを持った人にオススメする方法が、

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの株主になることです。

 

100株保有で、「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」

どちらかのパークで利用可能な1デーパスポートを年2枚もらえます。

なお、株主優待の詳細についてはコチラを確認し、

株購入の際は諸注意をよく読んでから取引してくださいね。

 

割引チケット利用の際の注意

いくつかの割引チケットを紹介してきましたが、割引チケットには、

ディズニーリゾートへ入場できない「除外日」が設定されている場合があるので、

詳しくは東京ディズニーリゾートのサイトを確認した上で、利用するのが一番安心です。

いかがでしたでしょうか?

 

残念ながら、劇的に安いチケットは今のところありませんが、

公式サイトをこまめにチェックしたり、街の新情報に敏感でいれば、

ちょっとでも安く手に入るチケットはあるようです。

ぜひ、頑張ってお得なチケットを入手して

東京ディズニーリゾートで楽しんできてくださいね~♪

■東京ディズニーランド チケット(パスポート)格安購入方法

東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland :略称 TDL )は、

ご存知、ディズニーシーなどと共に東京ディズニーリゾートを形成しているディズニーランド・パークですね。

その東京ディズニーランドのチケット(パスポート)の入手法は、

当日ディズニーランドの入り口発券所でも購入できますが、開園時のチケット売り場に大勢が 並んでる場合が多く、

パスポートを購入後に入園待ちの列に並びなおさなくてはいけないので、できれば事前にパスポートを準備しておいた方が賢明です。

東京ディズニーランドのパスポートを事前に購入するといっても、
旅行代理店やコンビニなどで購入したチケットは、そのまま入場出来るパスポートではない場合がほとんどなので、
ケットブースでパスポートに引き換える必要がある引換券の場合、注意してくださいね。

TDLのパスポートは、色々な所で販売されているため購入先により購入価格にも違いがあり、
TDL格安チケットを手に入れることも可能です。

良く知られているのが、日本各地にあるディズニーストア、東京ディズニーランドのオフィシャルサイトで、
インターネットでチケット(パスポート)が購入できます。

また、ローソンなどコンビニやJRの窓口で引換券が購入できますが、
地方の人はANAで、ANA国内航空券と東京ディズニーリゾートホテル宿泊とパスポート付きなどお得なプランが選べます。

日本旅行、JTBなどの旅行代理店で東京ディズニーランドのパスポート付で往復運賃、宿泊付の格安ツアー パックを探すのが、
一番安くて安心できるかもしれませんよ。

ディズニーチケットを格安・激安でゲットする方法はあります!

ディズニーランドのチケットは5800円で設定されていますよね。

昔は5500円だったのに、値上げされてショックを受けた方は多いのではないでしょうか。

たった300円とは言え、ディズニーランドに行ったらお金を使いたいところは沢山あるので、
ディズニーチケットは少しでも安いに越したことはありません…。

私の周りにもディズニーランドファンは多いので、
金券ショップに行ったりと少しでも割引チケットをゲットしようと頑張っている人が多いです。

私も昔はよくそういうこと、してました。
でもね…もっと格安・激安価格でディズニーチケットをゲットする方法、あるんです。

今 回はちょっと裏ワザ的な方法も含めてご紹介しますので、参考程度に読んでみて下さい。

私の場合は月に1回はディズニーランドに行くので、しっかりと格安・ 激安チケットをゲットできればかなりのお金が浮いてきます。

その分、ディズニーランド園内で思いっきり遊ぶことができますよ♪難しいことはありませんが、
「知っているか・知らないか」で大きな差が出てくるものです…。

ディズニーランド格安チケット購入方法

ディズニーチケットが5000円以下!?

ディズニーチケットを5000円以下という格安料金で入手する方法があるのですが、
これは県民感謝週間」をいうものを使います。

ある地域で特定の 期間内であればディズニーチケットが格安購入できる仕組みがあるんです!

まさに限定チケットという感じですね!例えば東京都の場合、
10月1日を含む週に コンビニ、旅行代理店、みどりの窓口等で販売され4800円前後になります。

期間こそ短いですが、これは本当に格安・激安チケットと言えるのではないでしょうか。

もちろんこれ、東京都限定ではなく、ディズニーランドのある千葉県を始めとして各都道府県でも行われています。

関東周辺の激安チケット発売時期の目安はこんな感じです。
★千葉県(6/15の週)
★埼玉県(11/14を含む週)
★神奈川県(5/28~6/4くらい)
★栃木県・群馬県(10月中旬~下旬)
★茨城県(11/13を含む週)
★長野県(1月下旬~2月上旬)
★山梨県(11月下旬)

ディズニーチケットをもっと激安で!

次はちょっと裏ワザ的な方法をご紹介します。

ディズニーシーがオープンした時に導入された2DAYチケット制度を利用するのですが、
もちろんディズ ニーランドでもディズニーシーでも格安にチケットをゲットできる方法になります。

少し面倒くさいかも知れませんが、豆知識として頭に入れておくと良いでしょう。

【裏ワザ的ディズニーチケット格安ゲット法】
①ディズニーランド(もしくはシー)に行きたい日の前日にチケット販売窓口へ
②そこで「ディズニーに今日遊びに来たんですが、明日も入園することにしました。
今から2DAYチケットを買うことはできますか?」と質問。


こうすると、2DAYチケットから1DAYチケットの値段を差し引いた額で購入することが可能になりますよ!

つまり4200円!!格安…というか激安ですね、
これは(笑)。当日、ディズニーランドに入ったことを証明する入園券の半券も用意しておけばより安心です。

ディズニーランド好きの友達に「こんな方法もあるんだよ!」って自慢して見て下さい!